五月人形を飾って子供の成長を願おう|好まれる品選び

女の子のお守り

箱を持つ女性

見た目が美しいもの

羽子板と聞くと、昔はお正月には欠かせないものでした。現在はお正月に羽根付きを行う風習は減りましたが、羽子板の種類は増えています。それは、女の子にとって『お守り』の意味を持っているからです。女の子の赤ちゃんが生まれると、初めてのお正月に羽子板を贈る風習があります。このように、現在でも羽子板は重宝されています。羽子板の種類は、プレス、木目、押絵の3つが一般的です。この内プレゼントに好まれるのは、押絵のものが多いです。押絵の特徴として、立体感があり造りが細かい事です。更に見た目も華やかで、女の子にはぴったりな点が人気とされています。価格はプレスや木目よりも高いのが特徴ですが、振袖タイプの押絵羽子板は、外観を美しく飾っても綺麗で、贈り物として親しまれています。

地域によって違う

羽子板を贈る風習は、行っている地域と行っていない地域があります。自分の地域の風習に合わせて、贈り物は考える事が大切です。羽子板を贈る場合ですが、一般的にお正月に合わせて11月には店に羽子板が並ぶようになります。そのため、最低でも12月中頃までには、飾り付けが出来る状態にしておきましょう。また、女の子に贈る羽子板は『お守り』として意味を持っています。きちんとひとりひとりに贈る事が大切です。2人目が産まれたけれど、前の子に贈ったからいいというわけではありません。ひとりがひとつ持つ事で、『お守り』としての効果が現れます。現在では種類もデザインも様々なものが出ています。喜ばれるものは、見た目が華やかで女の子らしいものが多く利用されています。

節句について

日本の風習には、正月に女の子へ羽子板を贈ること以外にも様々なものがあります。その中でも5月5日は「端午の節句」と呼ばれており、男の子がいる家庭では健康に育つように願いを込めて、鯉のぼりや五月人形などを自宅に飾るのです。現在では、様々なデザインの鯉のぼりや五月人形が販売されているため、プレゼントで贈る際にはお子さんに似合ったものを選ぶとよいでしょう。

Copyright © 2016 五月人形を飾って子供の成長を願おう|好まれる品選び All Rights Reserved.